総量規制って言う言葉が

時々キャッシングのことを見ていると総量規制という言葉を見聞きすることが
あると思います。
総量規制と言うのは、2010年に施行された改正貸金業法で決められたことで、
貸金業者から年収の3分の1以上の借入が既にある場合は、新に借入れが出来ない、
となっています。

 

厳密に言うと、銀行からの借入がなぜか含まれないことになっているのですが、
それでも既に年収の3分の1に近い借入がある場合などは、各キャッシング会社は
結構警戒されるでしょうし、なかなか借りれないということもあるでしょう。
万が一に借りれたとしてもかなり金利が高めに設定されたりするので、さらに返すのが
難しくなってきますし、まとめてどーのこーのという中には悪い落とし穴だってありますから、
危険度も増してきます。

 

この総量規制の中の年収の3分の1ということは、常に意識しておいた方が良さそうです。

 

まあもし総量規制になりそうな付近から、きちんとお金を返したとしたら、それはプラスの
キャッシング実績ともなりますので、また新たに借りることも可能になります。
そこは踏ん張りところとも言えそうです。