信用情報センターの存在

キャッシングをする際に、重要な存在であるにも関わらずあまり見聞きしないのが、
信用情報センターです。
なんだそれ?って言う方もいらっしゃると思いますが、信用情報センターというのは、
銀行なら銀行系、消費者金融系なら消費者金融系でそれぞれが持っています。
それぞれでキャッシングをした人の情報が蓄積されているセンターなのです。
ですから、一度キャッシングでお金を借りると、例えば銀行系のところでキャッシングで
お金を借りたら、銀行系の信用情報センターにその情報が登録されます。
またそのキャッシングで借りたお金を返すと、その情報もまた登録されるのです。
それがキャッシングをした人全ての情報が管理されているのです。

なぜそんなところがあるか?存在理由は?と思うかもしれませんが、そういうことを
していることで、ある人がキャッシングを申し込んだ時に、きちんとお金を返せる人かどうかが
判断できるのです。借りる前の審査は、この信用情報センターの情報をもとに判断しているのです。
まあ前回借りた時に、延滞が多かったりすると、そこに延滞が多い!と登録されるので、
次に借りる際に審査に落ちたりすることがあるのです。