リフォームのイメージは細かく伝える

リフォームするときのイメージは、なるべく細かく伝えるようにしましょう。
そうでなければ、出来上がった時の、脳内イメージとの落差に、気落ちしてしまう可能性があるからです。
基本的に、ふんわかしたイメージしか伝えられない場合は、その大工さんが最終的にイメージを決定して、ずんずん進めてしまう可能性があります。
もしも外壁塗装にこだわりたい点があるならば、気後れせずに、きちんと伝えるようにしましょう。
逆に、こだわりがあっても、それが明確にイメージとして伝えられない場合は、その程度のこだわりだったのだと思って、諦めて大工さんに任せましょう。
中には、ふわっとした言葉だけでイメージを汲み取ってくれる大工さんもいるので、そういった凄腕に当たるよう祈りましょう。